メニューボタン

株式会社 オキネシア

img-main-uru

URU コンセプト

珊瑚の島、沖縄。

 香水「URU/うる」の名前は、沖縄の古称「うるま」に由来します。「うる」は”珊瑚”、「ま」は”島”を意味します。島々を形成し、豊かな生命を育む珊瑚礁。人々の暮らしは、今も昔も豊穣な海の恵みに支えられ、生かされています。

 海、空、森・・・沖縄の自然が織りなす美しい色彩は、URUの想像の翼を広げてくれます。

王国の島、沖縄。

 沖縄は東シナ海に浮かぶ小さな島ですが、15世紀から19世紀にかけて琉球という独立した王国を形作り、中国やアジア諸国との交易で栄えました。1879年(明治8年)以降、王府解体により日本国となりますが、第二次大戦後、沖縄は日本から分断されアメリカ合衆国の統治下におかれ1972年に再び日本へ復帰します。

 歴史の荒波に翻弄されながらも、沖縄の民衆は独自の伝統文化を継承・発展させ、今日に至っております。

芸能の島、沖縄。

 近隣諸国との交易を通じて沖縄は多様な文化を吸収し、琉球独自の文化を育んできました。染織、漆芸、陶芸、ガラス工芸、組踊(くみおどり)、エイサー、空手など先人の多彩な技を今に受け継いでいます。中でも民謡と舞踊は広く庶民に愛され、歌と踊りに欠かせない楽器「三線(サンシン)」の深い響きは、今も、沖縄人の琴線に触れる古里の音色です。

 URUも、香りを奏でる三線でありたいと願います。

香りの島、沖縄。

 沖縄には代表的なハーブ「月桃(げっとう)」をはじめ、南国特有の香辛料や香草が豊富です。またマンゴやパイナップルなど香り豊かな熱帯果実にも恵まれ、小さな島に柑橘だけでも30種類以上も栽培されています。とりわけ琉球王国時代からの古い来歴をもつ「カーブチー」と呼ばれる島みかんは、エネルギーを感じさせる深いシトラスの香りに特徴があり、”URU”に欠かせない天然香料として生かされています。 

URU

pic_uru_green

URU green
(50mI・15ml)


オーデコロン 
〜フレッシュ・シトラスの香り〜

爽やかなコロンです。カーブチー特有のピュアな香り立ちが、心身のすがすがしい目覚めを誘います。健やかでナチュラルな余韻。
うる・グリーン。


Eau de Cologne
 ~Essence of Fresh Citrus~

A refreshing cologne;
The pure citrusy scent of the Kabuchi embraces
you to awaken your body and soul.
URU Green; for a healthy and natural radiance.

img-btn-shop

pic_uru_blue

URU blue
(50mI・15ml)


オーデコロン
 〜アロマティック・シトラスの香り〜

清涼感あふれるコロンです。柑橘とミントの透き通る響きに、シダーウッドの癒し感が冴えわたります。クールで落ち着いた余韻。
うる・ブルー。


Eau de Cologne
 ~Essence of Aromatic Citrus~

A clear and elegant cologne;
The healing presence of the cedar wood adds a
clear tone to the translucent melodies of
citrus and mint
URU Blue; for a cool and sophisticated radiance.

img-btn-shop

pic_uru_red

URU red
(50mI・15ml)


オーデコロン
 〜フローラル・シトラスの香り〜

優しい印象のコロンです。ウォーターリリー(睡蓮)の可憐な甘さが、爽やかなシトラスと澄みわたる芳香を奏でます。清楚でフェミンな余韻。
うる・レッド。


Eau de Cologne
 ~Essence of Floral Citrus~

Cologne with a gentle impression;
The enchanting sweetness of water lilies combined
with a citrusy coolness creates a
harmony of elegance.
URU Red; for a graceful and feminine afterglow.

img-btn-shop